バルトレックスはヘルペスウイルスに対して有効な抗ウイルス薬ですが非常に高価な薬です。
そのために少しでも安く手に入れたいのであればジェネリック医薬品を購入するのが有効な手です。
バルトレックスの特許については2013年の12月で期限を迎えているためにジェネリック医薬品も既に登場しています。
ジェネリック医薬品というのは後発薬の事であり、安く購入する事が出来るとは言っても品質が悪いという訳では無くて、先発薬と主成分が同じでありながら研究や開発コストが少なくて済むので低価格で購入する事が出来ます。
製法などが異なるために全く同じという訳では無いですが、用いている主成分は同じであるので安価に同程度の効果の薬を購入する事が出来ると考えて問題は無いです。

今は医薬品は通販で購入することが主流となっていますが、バルトレックスの通販に関しても例外ではなく入手手段として通販が良く利用されています。
ジェネリック医薬品は海外で出ていても日本では処方されていない場合も多く、そうした薬を手に入れるのであれば個人輸入で海外から輸入する必要があるのです。
海外から自分で全ての手続きを行って入手するのは大変ですが、通販サイトはそうした手続きの代行を行ってくれるので簡単に購入する事が出来るようになっています。
ただし、通販で入手する場合は自己責任という扱いになるので、購入する場合は薬の用量や用法については自分できちんと理解した上で頼むようにする必要があります。
また、個人輸入で手に入れた薬については自分自身が使用する事が前提なので、他人に譲渡したり販売する事は禁止されています。
バルトレックスのジェネリック医薬品を入手する場合は単に安く手に入れられるという事だけでは無く、そうした事も理解した上で利用するのも重要です。